助さん・格さんのドライバー日記
2001年8月7日 格さんのひとり言
 踊るアホゥに見るアホゥ。同じアホゥなら踊らにゃ損そん。

 阿波踊りの輪に入る者は地元民もよそ者もなく、この国では皆受け入れてくれます。開放的な祭り文化を持つ阿波の国。此処が四国八十八ヶ所巡りの玄関口なんですね。

 徳島は他の3県に比べ、山中に多くの霊場を持ち、阿波の3難所の一つといわれる二十番鶴林寺(かくりんじ)の眼下には勝浦川、太龍寺には那賀川と、山間を無数の清流が流れています。そう言えば徳島は海の魚介類に加え、新鮮な川魚料理が安く美味しく食べられる店が多いんです。

 昨年の夏ですが納車後、地元の友人と一緒に勝浦川近くの 「 あおき 」に出かけ鮎の塩焼き、味噌焼き、甘露煮、と鮎づくしの料理を堪能致しました。

 ここの鮎は朝釣った鮎を夕方まで生かせておき、生臭さを除いてから調理するらしいです。値段は少々高いのですが定食なら鮎定食が1000円でオススメですよ。

 海、川、山、と都会に比べ贅沢な自然に恵まれ、食を楽しむ阿波の国。
何度となく、納車後に寄り道をしたくなる魅力が、この国にはまだまだ詰まっているようです。

トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望は info@transport.ne.jp