助さん・格さんのドライバー日記
2001年8月22日 助さんのひとり言
 すっかり大作になってしまった九州陸送日記、まさかパート3まで書かなければいけないなんて・・・・いったい何時終わるのか心配です。

 楽しみな朝食も済ませ腹も一杯になったから少し寝たいな〜なんて冗談言ったら終わらない。この仕事、自分に甘えたら幾らでも甘えられるが、それじゃー終わらない。頑張りましょう!

 車は国道21号を西に向かい走り出しました。

 幾らか走ると名神高速道路と並行するのですが、どうも高速は事故らしく渋滞しているようです。「 お金かけて止まってたんじゃ大変ですね 」なんて軽口もでるぐらい我が国道21号は空いております。

 本来なら関ヶ原から国道365号を使い木之本へ抜けるのですが、この道は荷主の指定コースから除外されておるのです。

 小生、お約束を守り米原まで出て国道8号に入るルートを選びました。

 米原から長浜を通り木之本に続き敦賀まで到着、ここから国道27号へ左折いたします。後ろの後輩もしっかり追走しております。たまに鼻〇〇ほじくってる顔がサイドミラーから見えますから元気なようです。

 ここから舞鶴までの90キロは右に若狭湾を見ながらの景色の素晴らしい道が続きます。なんでこの道を選んだかの理由の一つが、この景観です。

 美浜は五木ひろしの生まれ故郷らしく、小生この近くになると自然と右手お握り ” ふるさと ”を歌いだしてしまいます。

 「 本当に良いところですよね 」

 この道を選んだ理由その2が京都市内、大津市内を抜けるルートより渋滞がない、まして国道2号を選ぶルートは神戸の大都市を通り大変ですし、デカンショ街道は道幅が狭く商品車のルートには適していません

 以上が27号ルートを選択した理由です。「 そんな事た〜常識だ! 」なんて言わないで。 国道27号(丹後街道)を順調にはしり福井県から京都府な入りました。

 ここらでお昼にしますか? なじみの食堂に入りまして 「おばちゃんー なんか美味い魚ちょうだいー 」

トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望は info@transport.ne.jp