助さん・格さんのドライバー日記
2001年10月12日 格さんのひとり言
 この春に車をディーゼル車からガソリン車に替えたもんだから、スタンドで「満タンね」と、気軽に声をかけるが、その時に払うガソリン代の実に6割が税金を払っている事に少々諦めがつかなくなっています。

 前にも書いたのですが、ガソリン代の6割を占めるガソリン税の中身はというと、ガソリン税の他に石油税、原油課税が含まれ、その上で消費税が加算されています。つまり税の上に税を課税してるんです。軽油には軽油取引き税を除いた金額に消費税を課税していますから、ガソリンに対しては「いくら税金でも、それは取りすぎ」と文句もでます。

 そもそも石油には、輸入から販売に至るその過程で7種類の税金が段階的に課税されてます。

 そうした石油諸税からの収入は平成13年度予算で年間5兆600億円、消費税を加えると5兆8700億円にのぼり、日本の国家予算の7.2%が石油諸税となっているそうです。

トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望は info@transport.ne.jp