助さん・格さんのドライバー日記
2001年11月21日 助さんのひとり言
 大阪からの新幹線。小生、二人がけの窓側に陣取りウトウトしていると京都から中年のご婦人が乗ってきた。小太りであるが、とりたてて話題を提供するような美人でもなく、隣に若い美人が座ればいいかと企んでいた小生には期待外れでガッカリ。

 そのご婦人、座席に着くや、すぐに目を閉じた。かすかに寝入ったと思ったら、雷のようないびきをかき始めたではありませんか!男まさりというか、ともかく女性にしては珍しく豪快ないびきです。最初のうちは付近の乗客もご愛敬で「隣の人も大変だね」なんて顔してこちらを見ていたのですが!ところが名古屋から乗って来た乗客は「隣の人ではなく、隣の亭主」になった様な目を小生に向けてくる。

 時間がたつにつれ、あまりの往復いびきに、まわりの空気は、ますます陰険になってくるが、ご当人は至って快さそうに、「グーグー」やっている。そのうちたまりかねた人が、「うるさいぞ、静かにしろ」と、やった。とたん「グァッ!グァッ!」といびきで返事。小心者の小生は便所に立つ事さえ出来ずにひたすら我慢。「グァッ!グァッ!」と一段といびきは大きくなり、これには恐れいったか付近の乗客は爆笑の渦。 とうとうこのご婦人、東京駅まで大いびきをかきながら平然と降りて行きました。 みなさん新幹線での居眠り、くれぐれもご注意を。

トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望は info@transport.ne.jp