助さん・格さんのドライバー日記
2001年11月22日 投稿 匿名 あいちゃん 娘を連れて冬景色
 娘を連れて群馬県の法師温泉を初冬に訪ねました。赤谷川に沿って支流をさかのぼり一番奥まった所に、目指す一軒宿「長寿館」がありました。

 周囲の山々は紅葉も終わり、すっかり冬枯れの姿に変わっていました。天気は下り坂。午後から雲が広がり、宿に着いた夕暮れには、雪が降り始めてきました。

 初雪だった。大粒のぼたん雪は、夜になるといっそう激しくなり、あっという間に宿のまわりは白く染められて、宿の灯かりに照らされた景色はとても幻想的でした。

 法師温泉の浴場は明治時代に建てられた木造で、広々としている混浴です。混浴ですが薄暗いので、あまり違和感はなく浴場の底には石が敷かれ、温かな湯が直接足元からわいてくるのです。

 アーチ形の窓から降りしきる雪を見ながらつかる湯もまた、格別でした。翌朝、窓の外は一面の雪景色。三国峠に続く山々も、すっかり雪に覆われ、幼い娘も、雪は初めての体験。一夜にして白一色の世界に変わった不思議さに、ただ目を丸くしていました。親子二人で、あきもせずいつまでも眺めていました。

トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望は info@transport.ne.jp