助さん・格さんのドライバー日記
2002年2月14日 助さんのひとり言  意地の張り合い!

 高崎線の終電で帰宅した時のこと。車内は満員で隣に立っていた男と一つの吊り革を奪い合うはめになった。
何となく吊り革を譲るのが嫌でしっかり握っていたら、相手もさるもの譲らない!車内が空いてきて、空席もできたというのに依然として吊り革を握り続ける。相手も握り続ける。

 その間、お互いにチラリとも相手の顔をみず。かたくななまでに顔を背ける中年男性が二人。お互いに顔は冷静だが、内心は相手の事で頭がいっぱい。小生、相手への闘争心がメラメラと燃えてくる。やがて下車駅に近づくが、このまま引き分けと考えていたら、何と到着と同時に敵はパッと吊り革を離し、一目散にタクシー乗り場へ駆けだした。

 敵の走り出す後姿には勝者の余裕が感じられた。
一瞬、遅れをとってしまった小生、その時初めて「負けた・・・」悔しいよ。     男って・・・まったく、もうっ!

トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望は info@transport.ne.jp