助さん・格さんのドライバー日記
2003年2月8日 格さんのひとり言  若狭への道、周山街道!
 京都から北、若狭へと向かう周山街道を行く。
 周山街道は今は国道162号となり中川のほか小野郷、細野へと杉の集材地が続く。
 今でも街道両側には標高四、五百メートルの山々が切り立ち、全山が杉の造林である。

 嵯峨野から高尾に入ると、突然に氷雨となった。
 チェーンの用意はしてきたが、できれば面倒な事は避けたい。トンネルを抜け、カーブの多い難所・栗尾峠を越えると、いよいよ氷雨が細雪となって、斜めから吹き込む。
 旅人としてはなによりの雪景色だが、街道を走るトラッカーには雪は天敵である。

 京都から三十五キロ、若狭の小浜まで七十二キロ、今なら京都に戻れる!どうするか思案の為所である。
 結局、早めにチェーンを装着して進むことにする。

 栗尾の峠を越えると、天に向かった北山杉が視界いっぱいに広がり、雪の白さと、杉林の濃い緑。
 静かな山郷の厳冬は関東から来た陸送稼業人には辛く厳しい道でした。

トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望は info@transport.ne.jp