助さん・格さんのドライバー日記
助さんのひとり言   


エスカレーターに乗りて考える





東京駅で大阪方面行きの新幹線ホームへ上がるとき、気をつけて観察すると、
そこでは東京色が非常に薄くなっていることに気が付く。

エスカレーターをのぼるときの、人々の立ち位置が、すでに街なかと違うのだ!
通常、関東ではエスカレーターを使用する場合は、立ち止まる人は左側に立ち、
歩いて昇り降りする人の為に右側をあけておく。

しかし大阪では逆。
立ち止まる人が右で、歩く人は左側通行だ。
東京駅の新幹線ホームでは、もうこの現象が始まっているのだ!

しかも大阪人の考えは「目的地まで早く移動する」急ぎの為のエスカレーターなので
真ん中でのんびり構えていたら「とろいなぁ」「どかんかえ われ」とムッとされるから
気をつけなければならない。

幸い、大阪人の気質をよく理解できる小生は「すんまへん」とか言いながら
にわか関西人になりきり左側を急いでのぼるのです。




このページへのご感想・応援メッセージはrikusomura@gol.com
トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望はrikusomura@gol.com