助さん・格さんのドライバー日記
助さんのひとり言  




我が家には雑種の犬ちゃんが一匹いる。

嫁さんの知り合いの家に子犬が何匹か生まれ
困った挙句に、どうか一匹貰ってくれと頼まれた。

我輩は由緒あるきらびやかな血統書でも付いている
犬ちゃんならまだしも・・・

悪いけど雑種はいらないよと伝えた。

暫くすると嫁さんから「母犬は雑種だけど 父犬は違うらしいよ!」と言われた。

「何が違うんだよ?」
「どうも頭の賢いゴールデンレトリーバーかラブラードルレトリーバーらしいよ!」
「本当かよ・・・!」
「夜中に来たんだね」
「うぅぅ・・・そうなんだ」
「夜這いだな」

そんな理由で我が家に来た子犬ちゃんは可愛く
小さな頃は「やはりゴールデンだな」と見間違うほど耳が垂れ
足も太く毛並みも素晴らしく文句もなく納得したもんでした。

しかし一点!どうにもオシッコの覚えが悪く家中を汚しておりました。
「ゴールデンって賢くなかったんかね?」
「そのうち覚えるよ」


あれから3年・・・・

母犬の写真にソックリ!
食も細く、臆病で毛も薄く、貧弱な姿は己の姿を見ているようで虚しい。

よくよく考えてみたら・・・
夜中に血統書付きのゴールデンレトリーバーがうろうろしているはずもなく
可笑しな話だと今頃になって気が付く。

「その話を○○さんにしたら 去っていく後姿がゴールデンに似てたんだって!」
「後姿がね・・・」
「なるほどね・・・」

今夜も我が家では忠実な番犬として雑種のクゥーちゃんが
誰彼かまわず吼えております。

近所の皆様へ ご迷惑お掛け致します。





このページへのご感想・応援メッセージはrikusomura@gol.com
トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望はrikusomura@gol.com