助さん・格さんのドライバー日記
助さんのひとり言  


電車に揺られてミラーボール



先日、高崎線で東京へ出掛けた。
運よく座る事が出来て「ラッキー」と小さく拳を握り叫ぶー。

陽気のよい日で日当たりもよく、暫くすると睡魔が襲ってきた。
今日は二十四節気、大寒なのだが、まるで4月、5月並の暖かさである。

電車は大宮駅に滑り込み、乗り降りの騒がしさで目が覚める。
ふっと見ると!斜め前の席に、一人の老紳士が座っていた。

お爺さんの左前頭部は良く磨きがかかっているようで、
時折窓から車内に差し込む太陽の光をピカッと反射し、
それが、反対側のガラスに反射し、その反射光は天井に反射し、
さらに床に反射し、さらにまた、お爺さんの頭に反射し、
まるでミラーボールが回っているようで実に楽しいのである。

太陽がいっぱいのように見える。




このページへのご感想・応援メッセージはrikusomura@gol.com
トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望はrikusomura@gol.com