助さん・格さんのドライバー日記
助さんのひとり言  


嫁さんの誕生日



最愛の昔娘さんの誕生日には、彼女の好物のストローベリーショートケーキを贈ることを常としている。
かつて、酔っぱらって帰って来たとき、ケーキの包み袋の中に、銀座で頂いた角の丸い名刺を、うっかりして落として入れていたことがあった。

これ以降は、適切な文章表現ができないので、読者各位の、ご自身の豊富な経験に照らし合わせ、ご想像におまかせしたい。

嗚呼・・・、戦い終わり、日が暮れる。

山肌を茜色に染めながら沈む夕日を見ながら、二人はちゃぶ台に向き合い、
静かに渋茶を飲んでいる。
我輩、何か一言、言いたそうな感じである。

「・・・・・・・・・」

点々を次のタイトルにしようと思いますが、敬愛すべき読者の皆様方、
もしよろしければ、言葉の候補を教えていただきたいものです。





このページへのご感想・応援メッセージはrikusomura@gol.com
トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望はrikusomura@gol.com