助さん・格さんのドライバー日記
格さんのひとり言  

踏み切り一旦停止


道路交通法上、踏み切りでは、必ず一旦停止が義務だ。
でも、私は法令は守りつつ、この法律に疑問を持つ。

なぜ「警報機と遮断機」があるのに一旦停止が必要なのか?
その理由が判かりらない。

「警報機と遮断機」が「故障してたら大変だ」からと説明されるだろう。

でも、都会の踏み切りは、近くまで家やビルが建て込んでおりカーブもある。
踏み切り停止線で止まって、左右を確認しても、少し先が見える位だ。

すぐ近くに電車が迫っているかどうかは見える訳がない。

「警報機」に頼らざるを得ないのが現実だ。

「万一の安全」を言うなら、人や自転車も一旦停止し左右確認しないと理屈に合わない。

でも、人や自転車が踏み切りで一旦停止はしていないし、それが原因で事故にあった話を、 
私は聞いた事がない。

それに「信号機」のついている踏み切りもある。
これは青信号なら、そのまま通行OKだ。
もし信号機が故障していたら、どうなるのだろう?

「万一の安全」を言うなら、青信号でも一旦停止して左右確認しないと筋がとおらない・・。
  
逆に見通しが良い田舎の踏み切りは踏み切り手前から左右丸見えだ。
いちいち止まらなくても事前に充分見えている。
 
たから、この法令は矛盾だらけだと思う。 
 
電車が通り過ぎ遮断機が上がったら、私が見ている限りでは待っていた自動車は一斉に動きだす。
殆どが徐行運転で通過していく。 
法令どおり一旦停止してたら追突される危険もある。
でも、これ法令違反ですよねえ・・

私は「警報機と遮断機」のある踏み切りでは、いつでも停止できる状態の「徐行運転でよい」
のではないかと思う。

「信号機」と「警報機」の機械的信頼性に差なんかあるはすがない・・

その方が渋滞が少しでも解消されエコにも繋がると思う。

これって暴論かなあ・・。





このページへのご感想・応援メッセージはrikusomura@gol.com
トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望はrikusomura@gol.com