助さん・格さんのドライバー日記
格さんのひとり言  


歴史の街 栗橋町


国道4号線の利根川橋の土手下に、江戸時代の関所跡という標識が立っている。

かっては利根川と渡良瀬川を渡らなければ江戸に入るも出るも出来なかった要所である。

外様である伊達藩の行動を警戒し、江戸時代には橋を作らなかったとも言われる。

将軍の日光参拝の際は、船を横に並べて、その上に板を乗せ、橋の代わりにしたそうです。

川の両側に柱を立てて綱を張り、その綱を手繰って進める舟を「くりふね」と呼び
くりふねが栗舟となり、そこに橋が出来たから栗橋といわれたそうです。


この地には、こんな歌が残っています。


奥州へ行かん静に橋もなく川に堰かるる思い深けれ


栗橋(旧栗橋町 現久喜市)に、静御前の墓がある。

奥州に逃れた源義経を追って来たが討たれたと聞き、悲しみのあまり剃髪して菩提を
弔おうとした。

しかし、この地で病にかかって亡くなり葬られたという。

明治22年に、近隣の6村が合併する際に、どの村も名乗らず静村とした。
何となく静への情があったのだろうか・・・

現在では埼玉県と茨城県の行政区分と歴史が入り組んだ場所となり
国道4号バイパスは関東と東北地区への物流の大動脈となっている。






このページへのご感想・応援メッセージはrikusomura@gol.com
トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望はrikusomura@gol.com