助さん・格さんのドライバー日記
格さんのひとり言  


能登巡り その1


ひとり旅には気まぐれがつきものである。

仕事で訪れた北陸の地 都合の良いことに今日は週末の土曜日。

このまま帰るには勿体無いと考え 本体の運転手は電車で帰らせ
あてもなく先導車のハンドルを切り変え 名も無い港町に入っていく。

そこには赤銅色の小屋にドウブネ(同舟)が置かれていた。

すぐ近くには旅籠とでも呼びたい木賃宿があり 
旬の味を揃える赤提灯の魚菜の店もある。

ふと耳に飛び込んだ訛りに異国を感じながら能登の旅が始まり
ました。

国道8号から能登半島に向け走る159号は小雨まじりの
おぼつかない天気で見渡す景色も霞んでいる。

2日間で能登半島一周が出来るのかなぁ〜と踊る気持ちを
抑えながら 先ずは千里浜なぎさドライブウェイへGO^^

約8kmにわたって波打ち際を車で走ることができる
日本で唯一つの砂浜道路です。

晴れていれば水平線の向こうに夕日が沈み なんともロマンチックな砂浜です。

その2へ続く



このページへのご感想・応援メッセージはrikusomura@gol.com
トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望はrikusomura@gol.com