助さん・格さんのドライバー日記
格さんのひとり言  

ツバメ君の巣立ち



今年も 大家の承諾なしで 勝手にツバメ夫妻に巣を作られました。

春の雨で湿ったドロと枯れ草に自分のだ液をまぜてこね
簡単に作ってしまいます。


お蔭様で 巣の近くにある 我が愛車は・・・・
いつものことながら糞害の憂目に合うのです。

もう!絶対に来年は 巣を作らせないと 硬く誓っても・・・
健気に毎年戻ってくる ツバメ君をみると 仕方ないかな〜と(泣)


6月は繁殖の季節でヒナがたくさん生まれます。

親ツバメは交代で畑の害虫をとらえてヒナの元へ運んでくるんですね〜
ヒナは大きくくちばしを開いてエサを待っています^^

人間もツバメも同じですね^^

巣立つとすぐに飛ばなければならないツバメは体力が必要なので
巣立つまでには後・・・3週間ぐらいかかりますかね〜!

巣立つと 近くの電線に並んで もう二度と巣には戻りません!
ヒナはまだ燕尾(えんび)はなく短い尾なのですぐにわかります。

我が家のツバメが巣立つ時などは 
他からやってきたツバメ達がヒナを刺激し 巣立ちを助けていました。

親の兄弟かもしれないし どこかで親が先に生んだヒナだったのかもしれません。

いずれにせよ 面白い習性だと思いますね^^

毎年 毎年 彼らの糞の後始末と 巣の残骸始末を
していると どうでもいいことまで覚えてしまいます(笑)


秋の涼しい風が吹くと旅立ちの用意です。

渡る時期は日の長さで 渡る方向は太陽や星の位置から
決めていると思いますね^^

そして南の島へ渡り  来年 また戻ってくるのでしょう。








このページへのご感想・応援メッセージはrikusomura@gol.com
トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望はrikusomura@gol.com