助さん・格さんのドライバー日記
助さんのひとり言  

みちのくひとり旅



仕事で青森に行って参りました。
無論!大切な仕事なので仕方なく私が出かけることに・・・

うしろ髪ひく かなしい声を・・・
生きていたなら いつかは逢える
夢でも逢えるだろう 
※山本譲二 みちのくひとり旅から

誰も うしろ髪をひいてくれる人もなく  誰とも逢えずに
今回も寂しいひとり旅でありました^^;

今回の目的は 
八甲田山  酸ヶ湯温泉  奥入瀬渓谷  日本海の夕日

まずは八甲田山から

新田次郎 「八甲田山 死の彷徨」
http://toshibos-museum.com/hakkouda_TOP.htm

この小説の映画化「八甲田山」を何十回も熱心に観た私としては
なんとしても雪中行軍の傷跡をこの目で見たく訪ねた次第です。

正式には北八甲田山  ※八甲田山と呼ばれる山はありません。
大岳 前岳 田茂萢岳 赤倉岳 井戸岳 硫黄岳 石倉岳 高田大岳
八っの甲に見える事から これらを八甲田山と呼ばれた説と。

もう一つは上記の山々を地元では八ツ頭山と呼んでいたそうで
大きな山が八ツ見えたからで 頭を「こうべ」とも云ったから
八こうべ が訛って八甲田になった説もあります。

まぁ〜どちらでもいいんですけどね

取り敢えず 今夜は酸ヶ湯温泉に予約を取り 一泊することに。
酸ヶ湯温泉
http://www.sukayu.jp/touji/index.html

この酸ヶ湯温泉は温泉ファンなら誰もが知る名湯中の名湯の
1軒宿です。

友人が酸ヶ湯入浴で腰痛が完治したのだと聞き!
階段落ちの影響で左膝の痛みが続く私としては・・・ 
やはり源泉かけ流しの「温泉力のある温泉」に入り
湯治治療に望みを託したく遥々来てしまいました。

けして混浴風呂の魅力に負けて来たのではありません(笑)

いよいよ草木も眠る丑三つ時 自慢の千人風呂に出かけました。

ここは80坪もある総ヒバ造りの大浴場に5つの浴槽を有する巨大な混浴場です。

脱衣所は男女別で浴室の扉を開けると階段があり その下に広大な浴場があるのです。

中はとても薄暗く誰も入っていませんでした。(少々がっかり)

まるで貸切風呂でしたね。^^







このページへのご感想・応援メッセージはrikusomura@gol.com
トップページに戻る
Copyright.(C) 2001 Rikusou Village.All Rights Reserved
記事・画像等を無断で転載することはできません。
・このページへのご意見・ご要望はrikusomura@gol.com